トゥルースリーパー 口コミ 感想 デメリット

トゥルースリーパーの口コミ感想とデメリットとは?

トゥルースリーパー口コミ感想デメリット

トゥルースリーパーは頻繁にテレビCMなどで紹介されているし、実際に使っている人のインタビューも絶賛している様子が度々放送されています。
しかし、テレビCMとは、良いことだけを大きく放送しますが、わざわざデメリットを放送することって稀ですよね。
そこで今回トゥルースリーパーの中でも大人気の「プレミアケア」というシリーズを実際に購入し試してみて私なりの口コミ感想、そしてデメリットをまとめてみました。

免責事項

 

 

 

とにかく柔らかい

トゥルースリーパー口コミ感想デメリット

トゥルースリーパー口コミ感想デメリット

トゥルースリーパー口コミ感想デメリット

 

触った第一印象は、とても柔らかいです。
触った感触は、はんぺんを硬くしたような感じです。
見た目もはんぺんみたい・・・

 

そんなことよりも、肝心なのは、寝心地ですよね。

 

トゥルースリーパー口コミ感想デメリット

 

実際に寝てみると、腰周辺がとても良いです!トゥルースリーパーは、ゆっくりと沈みますが、そのおかげで身体全体を包み込んでくれるような感じなんです。
人間の体はどうしても、腰周辺がくびれてしまっています。その為、硬いマットレスだと腰に負担がかかってしまうようなのですが、このトゥルースリーパーは、腰もしっかり包み込んでくれますし、背中や肩も同様に包み込んでくれます。
寝返りを打って、横向きに寝たとしても、同様に腰周辺に腰のくびれまで包んでくれるように感じます。

 

■トゥルースリーパー初日
私は寝返りがとても少ない方だと思います。
朝起きた時でも、布団がほとんど乱れていません。
しかし、寝返りが少ないというのは、実はあまり良くないそうで、ずーっと同じ姿勢だと、自分でも背中や肩、腰が朝起きたら固まっているような感じがわかります。

 

・・・で、このトゥルースリーパーを購入して実際に試したら、翌朝いつものような背中が固まっている感じが軽減されたような気がします。

 

極端な改善というのはあまり感じませんが、布団に入るとわかりますが、柔らかくて気持ちよくて寝つきはとても良かったです。

 

■トゥルースリーパー2週間
トゥルースリーパーを使い続けて思うことは、公式サイトやCMで沢山言っている内容(無理のない安眠姿勢をキープして、理想的な睡眠姿勢)に関してはもちろんその通りで、身体が楽で、負担が少ないことが実感できます。

 

しかし、私が一番印象的な感想としては、朝の目覚めがとても良いということです。
いつもなら、朝目を覚ましても、「もうちょっと・・・」と思ってゴロゴロしている時もありますが、このトゥルースリーパーにしてからは、朝頭がすっきりする気がします。
体に負担がかからない分、しっかり熟睡できているからなのかもしれません。

 

もう一つ気づいた感想としては、夜中起きることが少なくなった気がします。
私は、毎回23:00くらいに寝て、6:00に起きますが、朝の2:00〜3:00頃に目を覚ますことが多いんです。
しかし、このトゥルースリーパーにしてからは、夜中目を覚ますことが少なくなり、「朝までぐっすり」ということが多くなった気がします。

 

 

トゥルースリーパー口コミのまとめ

ネット上では、
「私には丁度いい」「腰が楽になった」というような口コミもある一方で、「私には合わない」「今までの方が良かった」という口コミも見受けられます。
すべての人に合うという訳では無いでしょう。
しかしほとんどの人がとても良いという口コミを言っているようです。

 

トゥルースリーパーは、とても柔らかくて寝心地がとても良いです。
テレビCMで言っている内容の通りのようです。
腰や背中などの負担が少なく、一回寝ただけですぐに良さがわかりました。

  • 途中で目を覚ますことなく朝までぐっすり。
  • 朝スッキリ目を覚ますことができる。

私の感想ですが、とても睡眠の質がアップした気がします。
さすが、人気のあるマットレスであることがうなずけます。

 

  • 寝返りが少ない
  • 寝ている時の腰などの体の負担が気になる
  • 睡眠の質を高めたい

そんな方にはとてもおすすめです。

 

もちろんトゥルースリーパーがすべての人に合うなんてことはないと思います。
体に合わないという人もいるでしょう。万が一合わなかった場合、タンスの肥やしになることはとてももったいないことです。
トゥルースリーパーをお試しになりたい方は、返金保証がちゃんとついている公式サイトからご購入ください。
  ▼  ▼  ▼  ▼

 

 

 

デメリット

完璧と思われるトゥルースリーパーですが、テレビCMでもネットでも放送されない、私が感じたデメリットをいくつかご紹介します。

洗えない

結論として、トゥルースリーパーは洗濯できません。
汚れがついてしまったら、硬く絞ったタオルでポンポン叩いて汚れを落とすくらいです。
以前は、丸洗いできるトゥルースリーパー(高反発のもの)があったのですが、今はすべて洗濯することができません。
ですから、小さなお子様がおねしょをしてしまったり、嘔吐をしてしまったり、汚れてしまった場合は、丸洗いできないので気を付けなければなりません。
大人だけが使用したり、しっかりとカバーを取り付ける必要がありますね。

 

 

 

カバーが専用のもの

トゥルースリーパー口コミ感想デメリット

トゥルースリーパーを購入すると、本体のマットレスとセットで、白いカバーが自動的についてきます。
しかし、上記の真ん中のベージュのカバーは別売りです。
このカバーはどのようなものかというと、トゥルースリーパー専用に作られたカバーです。

 

トゥルースリーパー口コミ感想デメリット

装着すると、上記の画像のように、ベッドに引っ掛けることができ、安定します。

 

 

 

・・・ふと思いました。
「これって、市販のその辺で売っているカバーじゃダメなのか」と・・・
そこで、実際にトゥルースリーパー購入前にショップジャパンに聞いてみました。

このトゥルースリーパーの専用カバーって、必要なんですか?市販のと何が違うんですか?

はい、市販のものですと、トゥルースリーパーの沈み込んで体にしっかりフィットするという機能がしっかり生かせない場合がございます。
専用カバーを使用していただくことにより、トゥルースリーパーの効果をしっかり実感いただけます。

という回答でした。
なるほど、市販のだと低反発の良さがあまり感じることができないということなんですね。

 

確かに、この専用カバーは、装着すると、トゥルースリーパーとピッタリサイズで、余計な部分は一切ありません。
寝た感じも、専用カバーが無いときと同じように(カバーがあることが感じられない)眠ることができます。
専用カバーは非常に薄く、下の本体とピッタリフィットするような感じになっています。
これは、市販では絶対に売っていないと思います。

 

上記でもありましたように、トゥルースリーパーは洗濯することができません。
しっかりカバーを装着する必要がありますが、トゥルースリーパー専用のカバーを購入することをおすすめします。

 

 

カビ注意

ベッドの上に布団やマットレスを使用している方は多いと思います。
私も以前、ベッドの上に布団を敷いて寝ていました。
ベッドは、布団を上げる必要がないので、いつも敷きっぱなし(万年床)の状態です。

 

・・・するとどうなるかというと、マットレスとベッドの間にカビが発生することがあります。

 

トゥルースリーパーを敷くのは良いですが、たまに風通しを良くしないと、もしかしたら、カビが発生するかもしれません。

 

このトゥルースリーパープレミアケアは、ありがたいことに抗菌、防カビ仕様が新機能として付いているようです。
ですが、風通しを良くして、カビの発生を防いだ方がいいかもしれません。

トゥルースリーパー口コミ感想デメリット

 

因みに私は、上記のように、真ん中を持ち上げたりして、風通しを良くしています。
汗が溜まる部分というのは、マットレスの中心と言われています。
中心部分を重点的に風通しを良くするだけで、かなり違うかもしれませんね。

 

 

ウレタンの変色

トゥルースリーパー口コミ感想

トゥルースリーパープレミアケアの材質はウレタンなのですが、ウレタンの特徴としては、変色するというデメリットがあります。
上記の画像は、トゥルースリーパーを使用して2〜3週間くらい経過した画像です。(専用カバーを装着していてもこのように変色します。)
四隅が上記のように黄ばんできました。
 しかし、黄ばんできたといっても、これは汚れではなく、ウレタンの特徴で、「紫外線や空気中の窒素酸化物によって徐々に黄色く変色しますが、品質には問題ありません。」と、トゥルースリーパーの説明書にも書かれています。
ですから、もちろん洗う必要もありませんので、気にする必要はありません。
 ・・・でも、色が変わるのは気になる人にとってはデメリットの一つと考える人もいるかもしれませんね。

 

体に馴染むまで少し時間がかかる?

これは人によって感覚が異なることなので、一概には言えませんが、私がこのトゥルースリーパープレミアケアを使用し続けた感想としては、最初よりも、徐々に柔らかくなっているように感じるということです。
 これは、説明書にも書かれています。
「個人差がありますが、使い始めは、初めての感覚で背中や腰などに違和感を感じるかもしれませんが、ご使用を続けていただくと、ご自身の体に馴染み寝心地が良くなってきます。
ということです。
確かに、トゥルースリーパーが届いた初日よりも、2〜3週間使用したのでは、若干柔らかく寝心地が良くなった気がしました。
身体が慣れたのかな?とも思っていましたが、実際はトゥルースリーパーの方が柔らかくなってくれたみたいですね。
個人的には、初日でも数週間経った時でもどちらでも快適でしたが、最初から完璧というわけではないようですね。

 

 

 

 

以上のように、私が感じたトゥルースリーパーのデメリットが5つほどありました。
しかし、トゥルースリーパー本来の機能に関してはバツグンに良い商品だといえます。
上記のデメリットも、その人によって全くデメリットと感じない人もいるかもしれませんね。

 

 

何はともあれ、トゥルースリーパーは満足度がとても高い商品ですが、実際に横になって寝てみないと、その人に合う合わないがわからないものです。
公式サイトから購入すれば、60日間の返品保証が付いています。

 

  • 本当に効果があるか心配だ。
  • トゥルースリーパーを試してみたい。
  • 購入するのに、ちゃんとしたところからお得に購入したい。

という方は、下記の公式サイトからご購入をおすすめします。お得なセット商品なども取り揃えていますので、詳細は公式サイトでご確認ください。
  ▼  ▼  ▼  ▼

 

 

 

 

トゥルースリーパーのニオイってクサイいの?

トゥルースリーパー口コミ感想

率直な感想としては、最初くさいです。
私が購入したのはトゥルースリーパープレミアケアですが、素材がウレタンです。
ウレタン独特のニオイがします。
このニオイは結構濃い臭いで、私は6畳の寝室にこのトゥルースリーパーを使用していますが、部屋に入った途端そのニオイがすぐわかるくらいです。
部屋中充満しています。
ウレタンのニオイが苦手な人は最初嫌だと感じるかもしれません。

 

トゥルースリーパー口コミ感想しかし
このニオイは、2〜3日くらい経つと徐々におさまってきます。
私の場合は、やはり初日は少しニオイましたが、二日目にはもう慣れてしまい、全然気にならなくなりました。
個人差があるかもしれませんが、臭うのは最初だけなので、気になる方はこまめに換気をする。もしくは、空き部屋にこのトゥルースリーパーを2〜3日広げてニオイが落ち着くのを待つという方法もありかもしれませんね。

 

トゥルースリーパー口コミ感想臭いからといって
ニオイは最初だけなので、少し経てばおさまると思いますが、くさいからといって、消臭スプレーなどはしない方が良いと思います。
トゥルースリーパーは基本洗えません。
消臭スプレーを使用して、別の臭いと混ざって余計臭くなったとしても、洗うことができません。
また、ウレタンは結構デリケートな材質だと思いますので、変色するかもしれませんし。(消臭スプレーを試したことがないのでわかりませんが・・・)

 

ニオイがするからといって、焦って消臭スプレーをするのを我慢してみてください。
何もせずにニオイが落ち着いてくるのを待つことをおすすめします。

 

1週間経ってもニオイが気になって落ち着いて眠れない!!という場合は、返金保証がついていますので返品する方法もありますが、一度オペレーターに相談しても良いかもしれませんね。

 

 

トゥルースリーパーの畳み方?

トゥルースリーパーは基本常にベットの上に設置したままですよね。
しかし、たまに通気性を良くしたり、家を長期間空ける時など、湿気やカビを防ぐために、ベットから外しておくこともカビ予防には効果的です。
でもここで注意した方が良い点があります。

 

それは、半分に折らないということです。
半分に折って畳んでしまうと、折った部分に負荷がかかり、痛みの原因になると言われているんです。
ではどのようにすればよいかというと、くるくるとまいて立てかけておくのが良いと思います。

トゥルースリーパー返金返品

そうすることで、折り目が付かずにもとに戻す時も自然にベットに敷くことができるでしょうから、お勧めです。

 

ただ、立てかけておく場所も問題です。

直射日光がガンガン当たるところはダメです。
トゥルースリーパーは直射日光を嫌う性質がありますから、できれば湿気の少ないところで陰干しすることをおすすめします。
直射日光を当てると、変色が進む恐れがあるようなので、少しでも長く綺麗に使用するのであれば、細かい部分ではありますが、注意していただいた方がいいかもしれません。

 

トゥルースリーパープレミアケアとプレミアケアプラスの違いとは?

今回上記でご紹介しています商品は、「トゥルースリーパープレミアケア」という商品です。
しかし、そのトゥルースリーパープレミアケアのさらに上のグレードというのがあり、それが、「トゥルースリーパープレミアケアプラス」という商品です。(名前が長いですね。)
そのトゥルースリーパープレミアケアとトゥルースリーパープレミアケアプラスではどのような違いがあり、どちらが良いのかを調べてみました。
結論からいいますと、主な違いは2つほどあります。

2層構造

通常のプレミアケアは、ウレタンが1種類しかありません。

トゥルースリーパープレミアケアプラス違い

 

しかし、プレミアケアプラスになると、高反発のウレタンがもう一種類付いてきます。
つまり、低反発と高反発の両方の効果で、体の体重分散が通常のプレミアケアよりもさらに分散されて、より快適になると言われています。

 

リバーシブルになる。

低反発は、沈み込み過ぎてちょっと苦手・・・という方もいると思いますが、プレミアケアプラスは、高反発を上にすることも可能です。
裏返しすることにより、高反発も試すことができ、自分がどちらが体に合っているのかをしっかりい試すことができるということです。
通常のプレミアケアであれば、低反発だけですから、万が一合わない場合は、返品するしかありませんでしたが、リバーシブルであれば、高反発か低反発か、体に合う可能性がかなり高いですから、返品しなくても済むかもしれません。

 

 

以上が大きな違いになります。
もちろん、通常のプレミアケアと同様に、抗菌使用は同じようについていますし、返金保証ももちろんついています。
プレミアケアの基本的な性能は維持しつつ、さらにより体、腰に良い構造になっているということが言えるのでしょう。

 

ただし、若干価格が高いです。通常のプレミアケアよりも10,000円くらい高いんです。
それくらい良い商品ということですが、個人的な感想としては、通常のプレミアケアでも十分満足です。
予算に上限があるという方は、最初通常のプレミアケアを試してみるのもいいかもしれません。
もし体に合わたなかったらもう一つ上のグレードのプレミアケアプラスを申し込んでみるという順番でもいいのかもしれません。

 

あっ・・・ちなみに、私はプレミアケアで十分満足なので、プレミアケアプラスは購入には至っていません。
通常のプレミアケアが一番売れている見たいですし、予算も少なかったので、これにしました。
予算もあって、より最上級のマットレスをお求めの方はプラスの方を選んでみてはいかがでしょうか。

 

 

トゥルースリーパーの対応使用年数(寿命)はどのくらい?

私はトゥルースリーパーを半年以上使っていますが、全然なんともありません。
私の体重は60kgくらいの男ですが、特に変に沈んできたとかもありません。
最初の購入した時よりも若干柔らかくなった気がします。
しかし、まったく問題なく、むしろ体に合ってきたようにも感じます。
そんなトゥルースリーパーですが、実際の寿命はどのくらいなのでしょうか・・・

 

 

まず安心なのが、トゥルースリーパープレミアケアには1年間の補償が付いているということです。
さらに、購入時に2,200円追加すれば、プラス2年間の延長保証を付けることができます。

 

つまり、最大で3年間のメーカー保証を付けることができるんです。

 

よく、電気製品の補償でよく言われるのが、「メーカー保証がついているうちは壊れない」と皮肉なことを言われている場合があると思いますが、このトゥルースリーパーももしかしたら、そのくらいの長期的な保証を付けることができるということは、当然自信があるからなのかもしれません。
また、ネット上の声としては、「5年以上使っている」という声も多数あります。
もちろん使用する人の体系や使い方にもよるかもしれませんが、結構使用年数(寿命)は長いのではないでしょうか。

 

今回の内容は、あくまで公式サイトやネット上の声を元に調べましたが、私も使っていてなかなか良い感じなので、5年以上を目標に使っていきたいと思います。
上記でもありましたように、畳み方(半分に折らない)やカビないようにメンテナンスなどを注意していけばより長持ちするかもしれませんね。

 

トゥルースリーパー子供に買ってあげたいんだけど

我が家には5歳の息子がいます。
このトゥルースリーパープレミアケアで試しに一日寝かせてみました。
最初は「フワフワ!!」といいながら元気にジャンプしていましたが、夜寝るころにはいつも通り眠ってくれました。
5歳の子供なので、腰痛など特に悩んでいるわけでもありませんから、翌日「どおだった?」と聞いたところで「何が?」という返事しか返ってきませんでした・・・・
うちの子の場合は5歳なのでこのくらいのレビューしか載せることができませんが、5歳の子供が寝ても全く問題ありませんでした。
ただ、寝せてみて気になる点がありましたのでご紹介します。

 

  1. 寝返りできない赤ちゃんは注意
  2. おねしょ注意
寝返りできない赤ちゃん

これは、まだ母乳を飲んでいる赤ちゃんに使うのは注意した方がいいかもしれません。
何故なら、しっかりと沈み込むマットレスなので、うつぶせに寝た場合顔全体がマットレスでおおわれてしまいます。
ただでさえうつ伏せ寝は危ないと言われている中で、このような低反発のマットレスは注意が必要かもしれませんね。

 

おねしょ注意

子供と言えば、夜どうしてもおねしょをしてしまう場合があります。
小学校低学年くらいの子でもおねしょをしてしまうと思いますが、このサイトのトップページにも掲載させていただいていますが、トゥルースリーパープレミアケアは洗濯することができません。
どうしても汚れを落とす場合は、硬く絞ったタオルでたたいて落とす程度の対策しかできません。
ですから、おねしょをマットレスにしないように、おむつを履くか、おむつがはけないくらいの年齢で、おねしょをまだしてしまう子の場合は、あまり使用をおすすめしません。

 

 

ですが、小学校高学年くらいから勉強も本格的になってくるでしょうから、しっかりとした睡眠の質というのも求められてくることでしょう。
おねしょをしない、小学校高学年くらいからなら、トゥルースリーパーデビューをしてもいいかもしれませんね。